プロフィール

palkun

Author:palkun
FU-FUDIARYへようこそ!
私達は2005年6月に結婚した夫婦です。

夫(36歳) 建設業
     一級建築士
     一級建築施工管理技士
妻(同じ位)ファイナンシャルプランナー
     アメリカ(LA)に3年間滞在
     元愛知万博アテンダント
     夢は国際交流関連分野で
     起業する事

2008年7月に待望の長女が誕生!

このブログは、出会ってから18年、
夢を追い続け共に走ってきた2人…。
長い交際期間を経て夫婦になり、
子宝にも恵まれた家族に起こる
様々な出来事・決断・苦悩・悲しみ、
そして喜びを余す事無く記録した
人間ドラマである…かも。
   

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

FU-FUDIARY訪問者数

どうぞ寄ってって下さい。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誕生

2008年、7月31日 木曜日 19:49…

待望の長女が誕生しました。

破水してから丸1日半。妻は本当に頑張りました。

子供とは、まさに命を掛けて必死に産むものである

事がよく分かりました。

生まれた子供は本当に小さく、か弱く、触れる事も

躊躇してしまうほど。

これが命なんだと感じました。

スポンサーサイト

いよいよか?

(夫記事)
昨日UPしたブログを見た妻に「私がぐうたら妻みたいじゃない!」と怒られてしまいました。
フォローしておくと、妻は普段仕事に行きながら家事もやっているのです。決して「ぐうたら妻」ではないとの事です。(妻談)

ところで、昨日は重要な話をしました。今年の我が家の目標は「子作り」と決まりました。
結婚して1年半経ちますが、子供を作る事には慎重になっていました。お互いに仕事をしているのと、子供が出来ればなんだかんだ言って負担が増えるのは妻の方です。何らかの仕事を続けたい妻には子供ができる事への不安があります。
勿論、夫婦となったからにはいずれは子供を作るつもりではありましたが、私は妻が子供を作ると決めるまでは自分からは言わないつもりでいました。
仕事を続けたい女性にとって、出産は最大のネックとなると思います。いくら産休などの制度が整っても子供の為にもそばにいてあげたい気持ちも強いと思います。仕事と育児を両立している人がいたらアドバイスして頂ければ幸いです。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。