プロフィール

palkun

Author:palkun
FU-FUDIARYへようこそ!
私達は2005年6月に結婚した夫婦です。

夫(36歳) 建設業
     一級建築士
     一級建築施工管理技士
妻(同じ位)ファイナンシャルプランナー
     アメリカ(LA)に3年間滞在
     元愛知万博アテンダント
     夢は国際交流関連分野で
     起業する事

2008年7月に待望の長女が誕生!

このブログは、出会ってから18年、
夢を追い続け共に走ってきた2人…。
長い交際期間を経て夫婦になり、
子宝にも恵まれた家族に起こる
様々な出来事・決断・苦悩・悲しみ、
そして喜びを余す事無く記録した
人間ドラマである…かも。
   

カレンダー

12 | 2007/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

FU-FUDIARY訪問者数

どうぞ寄ってって下さい。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虫歯事件

(夫記事)
昨日家に帰ると妻が落ち込んでいました。
2日ほど前、自分で虫歯を1本発見し、これは一大事と大騒ぎして早速近くの歯医者を探して行ってきたそうです。
妻(妻の母親も)は軽く風邪をひいただけでも危篤患者のようにぐったりとなってしまいます。病気にとても弱いのです。
そんな事で、虫歯を発見した時も大騒ぎで評判のいい歯科をインターネットで探していました。
昨日落ち込んでいたのは、行った歯医者で虫歯が10本有ると言われたからです。
1本でも大騒ぎなのに10本と言われた時のショックは計り知れません。
失神寸前だったのではないでしょうか?
医者もそれを感じて、「今日治療するのは止めましょう」と治療せずに帰ってきたそうです。
虫歯はどれも小さいC1という段階で、C2が1本位だったと思います。まだ痛くも何とも無い段階です。
(いやいや、C2が何本かとCR(←何!?)が何本かあったよ。しかも見るたびに先生が「あ~~」等とため息交じりの声を上げていたのでそれが余計に不安にさせましたY(>_<、)Y  by妻)

しかし、疑問があります。
妻はさらに2日ほど前に他の歯医者(実家の近く)に行っているのです。その歯医者では虫歯が1本有るけどまだ治療する必要は無く、勝手に治るかも知れないと言われてきているのです。
先日自分で見つけた虫歯はその歯ではなかったそうです。

最近はセカンドオピニオンとか言って、何人もの医者に診察してもらったほうがいいと言うけど、歯医者でもそうなのだろうか?
でも、1本と10本ではあまりに違いすぎるのではないだろうか?
とりあえず昨日は、また他の歯医者に行ってみる事を勧めておきました。

今日は元気になっているだろうか…


スポンサーサイト

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。