プロフィール

palkun

Author:palkun
FU-FUDIARYへようこそ!
私達は2005年6月に結婚した夫婦です。

夫(36歳) 建設業
     一級建築士
     一級建築施工管理技士
妻(同じ位)ファイナンシャルプランナー
     アメリカ(LA)に3年間滞在
     元愛知万博アテンダント
     夢は国際交流関連分野で
     起業する事

2008年7月に待望の長女が誕生!

このブログは、出会ってから18年、
夢を追い続け共に走ってきた2人…。
長い交際期間を経て夫婦になり、
子宝にも恵まれた家族に起こる
様々な出来事・決断・苦悩・悲しみ、
そして喜びを余す事無く記録した
人間ドラマである…かも。
   

カレンダー

01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

FU-FUDIARY訪問者数

どうぞ寄ってって下さい。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感動作文 (お父さんお母さんへの手紙)

(夫記事)
前回に続き、また感動シリーズです。

今回は「お父さんお母さんへの手紙」(CBCラジオ)です。
ホームページから過去の放送分の作文を聞く事が出来ます。

私は毎朝会社まで自分の車で行き、社有車に乗換えます。社有車にはAMラジオしか付いていないので、いつも地元のCBCラジオを聞いています。
だいたい7時20分位に出社し、7時40分位に車に乗るといつもこの番組が流れます。
番組に投稿された小学生の手紙を毎日1つ朗読するだけなのですが、何だか感動してしまいます。
作文コンクールの入賞作品などと違い、とても素朴で小学生らしいヘタクソな文章が子供の素直な気持ちを良く表していると思います。

子供が親や家族のどんな所を見ているのかがよく分かります。
どの子供も親が自分の世話をしてくれる事を「すごい」と思うみたいです。
自分の親が、毎日仕事に行く事や、料理、洗濯、掃除をしてくれる事、遊んでくれる事を子供は「すごい」と思うみたいです。
親からすればごく当たり前な事でも、子供にとってはとてもうれしい事なんだと思います。

最近の子供は変わったとよく言われますが、この作文を聞く限り子供は昔と変わっていないんじゃないかと思います。
私は以前、栃木県で小学校を建設した事がありますが、そこの校長先生と話していた時にも「昔も今も子供は同じですよ。周りが変わっただけですよ」と話していました。

私はまだ親ではありませんが、子供のいる人は特に感じるものがあるんじゃないかと思います。


(追記)
番組のスポンサーの「いすゞ自動車」の歌(いすゞのトラックの歌)も聞けるのですが、これもなかなか良いです。自社の製品への愛着を感じる歌です。
スポンサーサイト

ちょっと感動映像。(WALKING TOUR)

(夫記事)
ちょっと感動する映像(アニメ?)を見つけたので紹介します。(有名なのかも知れませんが…

↓こちらで見れます

 WALKING TOUR


歳をとったという事なのか、こんなものでも何だか感動するようになりました。
人生とはこんな感じのものなんだろうなぁなんて思います。
この主役(?)のネコのような人生(ネコ?)が一番幸せなのかなぁと感じました。

夫婦で旅行

(妻記事)

私は旅行が大好きで、1つ旅行が終わるとすぐに次の旅行計画を考案し、企画をして実行するまでのプロセスを楽しんでいます。
毎日の仕事のモチベーションは次の旅行でいつ仕事の休みを入れるか?を考える事によってかなり高められています。

・・・が!記事からもわかるように夫は仕事が忙しく、まとまった休みを取る事が難しいため、なかなか夫婦揃って旅行に行くことが出来ません・・・Y(>_<、)Y

しかし夫は毎日真面目に本当によく働いてくれているので
(本当にこれほど働く人に私は会った事がありません。おそらく仕事が趣味!?)
それを私がワガママ言う事も出来ません。

そこで!選択肢としては
①他の人と旅行に行く
②1人で旅行に行く
③ガマンする

があると思うのですが
①なかなかお互いの希望が合わない
②寂しい
③o(T◇T)o

てなわけで、なかなか私のモチベーションが上がりません。
でも!そうも言っていられない!と思い
なんとか春ごろに・・・と秘かに(でもないか)①or②で考案中です。
(③は・・・)

本当は
④夫婦揃って行く
が1番いいんですけどね!!

記事を削除しました。

(夫記事)
勝手では有りますが、
一部記事とカテゴリーを削除しました。

カスピ海ヨーグルト

(夫記事)
 私は毎朝カスピ海ヨーグルトという物を食べています。
 薬剤師である妻の父親が絶賛して私たち夫婦に毎日食べるよう勧めているのですが、妻は食べずに実際に毎日食べているのは私だけです。
義父曰く、カスピ海ヨーグルトにバナナを入れて食べればベストだそうです。
カスピ海ヨーグルトについてはこちらを参考にしてください。(http://www.shop-fujicco.com/caspia/series/plain2.html)
 カスピ海ヨーグルトがどれほど体にいいか分かりませんが、私は子供の時から毎朝ヨーグルトを食べています。ビヒダスヨーグルトだったりブルガリアヨーグルトだったり色々ですが、何らかのヨーグルトを食べています。学生の時以降の一人暮らしの時も、ヨーグルトは欠かさず食べていました。ケフィア(ヨーグルトきのこ)とか言うものがはやった時にはそれも食べていました。
 そのせいかどうかは分かりませんが、体は丈夫で今までほとんど病気はしません。風邪もめったにひきません。
 このヨーグルトは牛乳と混ぜて1日ほっとけばヨーグルトが出来るのでとても安上がりで便利です。普通のヨーグルトより粘りが有り、味は普通のヨーグルトと変わりません。

妻も食べればいいのに…。

建築について

 「建築」と言うと、専門的で一般の人には分からない世界だと思っている人が多いかもしれません。

 しかし、建築と人間との関わりは古く、原始人でさえ木の枝で家を作ったり横穴を掘って家を作っています。
 もっと言えば、鳥も木の枝を集めて家(巣)を作るし、アリは地下に穴を掘って家を作ります。蜂も立派な家を作ります。これも建築です。
 こんな感じで人間だけでなく、動物や昆虫にでさえ建築は有ります。
動物の中には子育ての時だけ家を作るものも多いので、元来は子孫繁栄の場なのかも知れません。まさに「愛の巣」です。(勝手な持論)

 衣・食・住とはよく言いますが、衣・食には関心があっても住への関心は薄い人が多いのではないでしょうか?また、関心は有っても専門知識が無いと無理だと思ってないでしょうか?

 洋服やファッションが好きな人が裁縫が上手とは限らないし、食べる事が好きな人が料理が上手とは限りません。同じように、建築の好きな人が建築の専門家である必要は無いのです。

 欧米などではD・I・Y(Do It Yourself)とか言って、自分の家の簡単な修理や模様替えは自分でやるくらい建築は身近だそうです。
 そこまでは行かなくとも、自分の家はもちろん仕事場も駅も店も建築は常に身の回りに有るものなので、もう少し関心を持つと生活が楽しくなると思います。

 …という事で、建築についてのカテゴリーを作る事にしました。

セントレア空港

(夫記事)
 今日は日曜日ですが、午前中だけ仕事に行きました。
 先週も休んでいないので、これで3週間休みなし決定です。
 でも、この仕事をしていれば、こんな事は日常茶飯事です。
 午後からは、妻と車の定期点検に出しに車屋さんへ行き、点検中は近くのスリランカカレーを食べました。店のおばちゃんはあまりやる気が無いのですが、味はうまいです。
 それからリサイクルショップに古着ともらい物のティーカップなどを売りにいきました。秋冬物は今は買い取ってくれないそうで、ほとんど返されてしまいました。残念。
 それからちゃんと愛知県知事の投票にも行きました。
 夜は、夕食を食べにセントレア空港に行きました。妻は空港と飛行機が好きで、いつまででも飛行機を見ています。しかし、展望デッキは寒かったです。
 空港内の「クイーンアリス」という店に行きました。高級版と廉価版があり、当然廉価版です。でも、滑走路が見えるし、バイキングもありなかなか良かったです。ちなみに高級版は予約がないと行けないそうです。
 セントレア空港からドバイへの直行便が出来たそうで、行きたいとの事です。私はまとまった休みが取れる事がめったに無いので、きっといつの間にか誰かと行く予定になっていると思います。
 あとは家に帰って、毎週恒例となった華麗なる一族です。妻が好きなもので…。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。