プロフィール

palkun

Author:palkun
FU-FUDIARYへようこそ!
私達は2005年6月に結婚した夫婦です。

夫(36歳) 建設業
     一級建築士
     一級建築施工管理技士
妻(同じ位)ファイナンシャルプランナー
     アメリカ(LA)に3年間滞在
     元愛知万博アテンダント
     夢は国際交流関連分野で
     起業する事

2008年7月に待望の長女が誕生!

このブログは、出会ってから18年、
夢を追い続け共に走ってきた2人…。
長い交際期間を経て夫婦になり、
子宝にも恵まれた家族に起こる
様々な出来事・決断・苦悩・悲しみ、
そして喜びを余す事無く記録した
人間ドラマである…かも。
   

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

FU-FUDIARY訪問者数

どうぞ寄ってって下さい。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乳頭温泉旅行2(妙の湯)

(夫記事)
前回から続き、
と言うわけで、1泊目の宿は「妙乃湯」です。
(HPはこちら→http://www.taenoyu.com)
妙の湯

HPでも見れますが、外観はこんな感じです。
女将さんが建築の勉強をしていたようで、モダンな和風建築と言った感じになっています。
妙の湯部屋

部屋もちょっとおしゃれです。温泉は好きだけど、おしゃれな宿がいいという人にはぴったりです。
肝心の風呂は「金の湯」と「銀の湯」と2つの泉質の湯があります。
金の湯は茶褐色のお湯で、鉄分が多いようです。銀の湯は透明です。他の宿では白濁の湯も有り、いくつもの泉質が有るのも乳頭温泉の特色だそうです。
男と女湯は夜に入れ替わり、どちらの風呂にも入れます。風呂の一番奥まで行くと混浴の露天風呂につながっています。川沿いに有り、雪景色がとてもきれいでした。金と銀の2つの浴槽が有りますが、金の湯に入ればお湯が濁っているので女性も入りやすいと思います。タオルを湯船に入れてもOKです。
妙の湯夕食

↑これはまだ一部です。
夕食は郷土の料理がたくさん出ます。秋田名物きりたんぽも有りました。お腹をすかせておかないと食べ切れません。とても豪華です。
基本的に温泉以外に娯楽が無いので、純粋に温泉が好きな人にお勧めです。
明日は同じ乳頭温泉の「鶴の湯」に泊まります。(つづく)
スポンサーサイト

<< 乳頭温泉3(鶴の湯) | ホーム | 乳頭温泉旅行 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。