プロフィール

palkun

Author:palkun
FU-FUDIARYへようこそ!
私達は2005年6月に結婚した夫婦です。

夫(36歳) 建設業
     一級建築士
     一級建築施工管理技士
妻(同じ位)ファイナンシャルプランナー
     アメリカ(LA)に3年間滞在
     元愛知万博アテンダント
     夢は国際交流関連分野で
     起業する事

2008年7月に待望の長女が誕生!

このブログは、出会ってから18年、
夢を追い続け共に走ってきた2人…。
長い交際期間を経て夫婦になり、
子宝にも恵まれた家族に起こる
様々な出来事・決断・苦悩・悲しみ、
そして喜びを余す事無く記録した
人間ドラマである…かも。
   

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

FU-FUDIARY訪問者数

どうぞ寄ってって下さい。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レーシック その2

(妻記事)

今日、夫とレーシックの初診検査に行ってきました。
検査は待ち時間も含め約3時間弱。
待ち時間の間に説明DVD、眼の検査、医師からの説明、レーシック治療の可・不可の判定、今後の意思確認。。。と言った手順で進められました。

結果、私も夫も「レーシック治療可」と判定されました。
ただ、私は強度の近視+乱視、夫は角膜が薄いとの理由で
普通のレーシックではなくイントラレーシックと言う方法となるようです。

イントラレーシックとはレーシックよりも更に進んだ医療で
角膜をカットする際、レーザーでカットする為、
普通のレーシックでは出来ない治療も可能になったそうです。
私や夫のケースも、通常のレーシックでは手術を推奨されないようでした。

検査が終了後、手術を希望する場合の日程を聞かれましたが、
早くて今週末にも手術が可能とのこと。
あまりにも実施可能な時期が早い事に驚きました。
(まぁ、確かにあまり事前に準備する事もないようですが・・・)

手術当日は待ち時間、術後の検査の為
5~6時間ほど拘束時間が有りますが
実際の手術は、20分ほどで終了し、
翌日からは、仕事や車の運転など
ほぼ通常通りの生活が出来るようです。

その後夫と話しましたが
手術に前向きになりそうです。

朝、起床と同時にメガネがなくても景色が見える・・・。
そんな生活は、ここ10数年、送れてないので
一体どんな感覚になるのやら・・・。

ワクワクとドキドキが入り混じっています。
スポンサーサイト

テーマ : 最近の話題 - ジャンル : 日記

<< イントラレーシック初体験 | ホーム | 久々に2人で旅行 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。